病理部ブログ

2017年04月03日

德永英博技師長、お疲れ様でした!

3月31日をもって、德永英博技師長が定年退職されました。 勤続25年、長きにわたり当病理部を支えていただきました。 感謝を込めて、三上教授から花束の贈呈。 本当にお疲れ..... [もっと見る]

2016年12月19日

AJCC・UICC Cancer Staging Manual 8th ed.

アメリカがん合同委員会(AJCC)、国際対がん連合(UICC)による新しい悪性腫瘍進行期分類(第8版)が出版されました。今後はこれに基づいてがん登録が行われることになります。

2016年11月24日

第55回日本臨床細胞学会秋期大会 平成28年11月18日・19日 @別府コンベンションセンターB-con Plaza

第55回日本臨床細胞学会秋期大会に参加してきました。 様々な講演を聴講し、後日、「標本作製のより良い作り方」「LEGHの取り扱い」「卵巣子宮内膜症関連病変」「唾液腺細胞診の診断ポイント」「感染対策..... [もっと見る]

2016年11月08日

病理学校@熊本県立あしきた青少年の家

社団法人日本病理学会九州沖縄支部が開催するこのセミナーは、九州・沖縄の医学生を対象に、病理解剖症例の臨床病理学的検討などを行い、病理標本の見方・解釈の方法を学ぶ機会を提供するものです。今回は、10月1..... [もっと見る]

2016年11月07日

弘前大学病院病理診断科セミナー

さる9月14日に弘前大学病院病理診断科(黒瀬 顕 教授)で子宮頸癌の病理についてお話させていただきました。学生、細胞検査士、研修医、病理医、産婦人科医など多くの方々にお集まりいただき、ディスカッション..... [もっと見る]

2016年11月07日

秋の阿蘇

阿蘇くまもと空港への最終アプローチに入る直前に見える阿蘇の風景。飛行機で東京、大阪方面から空路で熊本に来られる方は、往路、復路ともに左側の窓側席を予約されることをおすすめします。

2016年05月11日

ウェアラブルカメラの運用開始!

4月からウェアラブルカメラを用いて、生検処理の記録を保存しています。 検討した結果、せっかくのウェアラブルカメラですが、固定して使用しています(>_<) 写真のように検体番号や検体..... [もっと見る]

2016年04月25日

熊本地震 KUMAMOTO Earthquake - Sincere thanks for your supports

 去る4月14日午後9時26分、そして28時間後の16日午前1時25分に熊本県熊本地方を震源としてそれぞれマグニチュード6.5、7.3の地震が発生しました。この地震により、熊本市、益城町とその近隣の..... [もっと見る]

2016年04月13日

1p/19q FISH が始まりました。

今日、病理診断においても遺伝子解析が診断確定に必須のツールとなっている疾患が増えています。こうした流れを受けて、当病理部・病理診断科では in situ ハイブリダイゼーション法による解析を行う体制を..... [もっと見る]

2016年04月12日

京都大学放射線科セミナーにて。

桜は八分咲きでしたが、鴨川、木屋町は艶やかに彩られていました。2016年4月2日

▲ PAGE TOP