当病理部・病理診断科は熊本大学医学部附属病院中央診療施設に属する部門で、顕微鏡を用いて身体から採取された組織や細胞の形態を観察することによって診断を確定し、提供しています。国内でも有数の診断件数を誇っており、対象臓器は消化器、呼吸器、泌尿生殖器、骨・軟部、神経、皮膚など 多岐にわたっています。悪性腫瘍の症例では免疫組織化学、in situ ハイブリダイゼーション法などを用いた分子標的の発現の評価も行っており、個別化医療に対応しています。
▲ PAGE TOP