地域貢献

院外病理標本診断

1.病理診断受託

病理部(病理診断科)では、産学連携や病病連携のシステムを通して、院外の医療施設で採取された検体の病理診断受託を行っています。

 <2014年(平成26年)実績>
   組織標本:3,384件/年
   細胞診 :3,260件/年
   免疫染色: 136件/年
   術中迅速:   6件/年

2.病理解剖受託

生命科学研究部の病理関連講座(機能病理、細胞病理、分子病理)と協力して、院外の医療施設から病理解剖を受託しています。
詳細は熊本大学大学院生命科学研究部のホームページ
(http://www.medphas.kumamoto-u.ac.jp/research/)
をご覧下さい。

テレパソロジー(遠隔病理診断)

バーチャルスライド技術を用いて、病理部(病理診断科)では地域診療支援の一環として遠隔の医療施設の術中迅速診断を行っています。これにより、病理医が不在の病院であっても質の高い手術を行うことが可能となっています。

セカンドオピニオン

医学の進歩に伴い、病理診断は高度の専門性が求められています。当病理部・病理診断科には全国の医療施設から診断が困難な症例の病理組織標本が送られてきます。現在は主として婦人科、泌尿器科領域、乳腺の症例のコンサルテーションの依頼を受け付けていますが、スタッフの充実にあわせて、順次専門領域を拡大していく予定です。

依頼方法

コンサルテーションを希望される場合は下記の連絡先にお問い合わせ下さい。このサービスは医師を対象としており、患者様からの直接の依頼は受け付けておりません。病理診断のセカンドオピニオンを求められる医師以外の方(患者を含む)は病理医あるいは主治医を通してご依頼いただくようお願い致します。症例の概要をうかがった上で、コンサルテーションをお引き受けさせていただくかどうかを判断させていただきます。コンサルテーションに必要なものは以下の通りです。

  1. 診療情報提供書
  2. 病理組織標本(HE染色標本)
  3. 病理診断報告書(暫定診断報告書でも可)
  4. 切り出し図(手術検体の場合など)

※症例によっては免疫染色標本あるいは免疫染色を施行するための未染色標本が必要となることがあります。

コンサルテーションに関する問い合わせ

熊本大学医学部附属病院病理部(病理診断科)
熊本市中央区本荘1-1-1
TEL 096-373-7096

研修受け入れ

当病理部・病理診断科では病理専門医・細胞診専門医を志望する医師、細胞検査士を志望する臨床検査技師の短期研修を行っています。研修期間は希望により適宜決定致します。研修を希望される場合には当病理部にお問い合わせ下さい。

▲ PAGE TOP