病理部ブログ

2017年12月12日

The 15th Japan-Korea Joint Slide Conference of International Academy of Pathology (IAP) IN KOBE - It was a big sucess !

さる12月8日、9日に神戸大学病院で開催された第15回日韓スライドカンファランスに出席しました。日韓の病理医が相互に『出題』した症例のHE標本をもとに、指定されたディスカッサントが診断とそれに至るアプ..... [もっと見る]

2016年11月24日

第55回日本臨床細胞学会秋期大会 平成28年11月18日・19日 @別府コンベンションセンターB-con Plaza

第55回日本臨床細胞学会秋期大会に参加してきました。 様々な講演を聴講し、後日、「標本作製のより良い作り方」「LEGHの取り扱い」「卵巣子宮内膜症関連病変」「唾液腺細胞診の診断ポイント」「感染対策..... [もっと見る]

2015年11月24日

ベセスダシステム2014 オンライン・アトラス American Society of Cytopathology

豊富な細胞診画像が供覧されており、セルフテストを受けることも可能です。是非ご覧ください。 https://bethesda.soc.wisc.edu/  

2015年11月24日

第54回日本臨床細胞学会秋期大会 平成27年11月21日・22日 @名古屋国際会議場 

第54回日本臨床細胞学会秋期大会に参加してきました。 細胞診についての新基準をはじめ、悪性リンパ腫や乳腺、婦人科など様々な領域の講演や医療安全の講演などを聞き、最近のトピックを知るとともにいろいろ..... [もっと見る]

2015年11月12日

第61回日本病理学会秋期特別総会 平成27年11月5日・6日 @東京大学安田講堂

公益財団法人がん研究会、癌研究所の北川先生による特別講演Ⅰ『山極勝三郎の業績』 東京大学病理学教授であった山極先生は1915年、兎の耳にコールタールを塗り続けた結果、扁平上皮癌を発生させることに成功し..... [もっと見る]

2015年11月02日

【日本癌治療学会教育セミナー(京都、国際会議腸)】
『がん治療における病理学』 

がん診療にたずさわる臨床医が身につけておくべき病理学的知識についてお話させていただきました。

2015年04月28日

北米病理学会(United States and Canadian Academy of Pathology)

2ヶ月前になりますが・・・ 三上教授が、ボストンでの北米病理学会(United States and Canadian Academy of Pathology)に出席された際の画像です。 ..... [もっと見る]

▲ PAGE TOP